Uraula.org

記録をすれば、あとで何かの役に立つ。

野外イベント「心灯 -ココロビ- 」に行ってみた

ホーム野外ドキュメント心灯 いつぞや福井新聞折り込み情報誌のイベント欄に紹介されていまして、「アウトドア関連のフェアもあるのか~」的ノリで、6月5日、大野市の六呂師高原で行われた野外イベント「心灯(ココロビ)」に行って参りました。なかなか新鮮な体験で楽しいイベントでしたよ。毎年しているみたいですね。来年はもっとじっくり楽しみたい。それまで覚えてられるかな?

  • 野外ドキュメント心灯
  • このイベント、ざっくりと語ってしまえば「アウトドアグッズや遊び方を体験し、食や音楽とともに楽しもう!」といった感じ。無料イベントで、手作り感満載。企業開催のカッチリさないけど、確かにの~んびりとしたゆるさがあって、らく~な雰囲気でしたね。物販系もガツガツ感がなくって「良ければど~ぞ~」的な。 お客さん的には3種類の方がおいでで、アウトドア好きな方、ロハスエスニック系な方、地元イベントに遊びに来た方って感じ。前2タイプの方々は普段は接点がないので、「ほ~、福井にもこんなに愛好の方がいるんだ~」とちと驚き。自分がそういった場所へ行かないから、雑誌やWebでしか見たことないんですよね。

    うらは事前にblogをチェックして、簡易イス、スリーンシェードを用意。もちろんウクレレも忘れない。会場の一角に設置してから、ローチェアに体を放り投げながら気持ちよ~くウクレレをつま弾いておりました。さすが高原、暑くもなく寒くもなく、心地よい風がふんわりと流れる中、リラックスタイムを存分に楽しみました。 ちょっと離れたところではドラムサークル福井さんが輪っかを作って、ドンドコ楽しんでおられます。屋台村の方のステージではプロの方のライブが行われています。行った時にはちょうどナナ・イロさんがライブされてました。やっぱナマはいいね!音のフレッシュさが段違いです。 しかし、野外という環境ではウクレレの音は小さくて、そばに寄ってもらってもあまり聞こえませんよね。電池駆動のアンプの持ち込みを考慮したいものです。

    うらがのんびりしてる間、家族はあちこち見てたみたいで。気に入ったのが、ツリーハウス、ハンモック、野外の綱渡りだったとのこと。 ツリーハウス、イベントでは簡易的に木の上に台を作って階段で上ってみましょという感じ。パンくんの家を期待していてちょっとガッカリの息子ですが、簡易的とはいえ数mの樹上のテラスはとても面白かったようです。 ハンモックは、メッシュじゃなくて、布製のもの。メキシカンタイプとブラジルタイプがあると教えてくれました。結構デカイ布で、大人ももちろんOKだそうで、ゆらゆら気分はなかなか良かったとのこと。ま、欲しくてもウチじゃ設置できませんけど。 野外の綱渡り。えと、正式にはスラックラインというみたいですね。綱というより幅広なバンドを使っています。単純だからこそ遊びは面白い、のですがデモンストレーション(?)ではバンドの上を、ジャンプしたりポーズを決めたり。落ちても良いように(?)高さは地面から50cm程度ですが、子供用に地面から10cm弱のものがあったりと、楽しげでしたね。 そっか。のんびりウクレレもいいけど、もっと見てまわっても良かったですね。ま、朝の古城マラソンの疲れが癒やせたので良しとします。

    といった訳で、のほほんとした良いイベントでした。スタッフのみなさん、お疲れ様でした。天気が良くて良かったですね。来年はぜひ朝から行きたいと思います。