Uraula.org

記録をすれば、あとで役に立つ。たぶん。

iPadきたー!記念エントリ

iPadきたー!

2010年5月28日、ようやくAppleタブレット型端末iPadが発売になり、我が家にも到着。予約開始の10日午前6時に予約した甲斐があって本日28日に到着。さっそく開封の儀でございます。

まあ仕様各種は他のサイトで確認していただくとして。第一印象としては「画面きれい」「案外速い」「ちと重いかな」でありました。

「画面きれい」に関しては、発色いいなあ、かつ字が見やすいなあというもので、電子書籍端末としても結構イケるのかなとの印象です。もっとも画数の多い漢字とかルビなんかはごまかしが入っちゃっていますが、そこは拡大縮小できるので問題はないですけど。るるぶ沖縄なんか落としましたが、写真きれいですわ。いいです。

「案外速い」ですが、すごく感じたのがSafariでのウェブブラウズ。iPhoneはもちろん段違いなのですが、もしかしてMacやPCでブラウズするよりパッと出てくる印象です。1GhzのCPUでシングルタスクだからでしょうか。ホント、テーブルに置いといてちょっと調べ物するのに最適です。

「ちと重いかな」。仕様上は約700g。人によって重い軽いが分かれるでしょうねぇ。うら的には「寝っ転がってiPadを見る」という使い方は短時間だけにしたいと思っています ;-)

iPadまわり関係図

さて、iPadの母艦をどうするか、悩んだ末の関係図です。iPadの母艦はMacBookpro、自分用iPhoneの母艦はPCのままという構成にしました。

iPad用アプリですが、PC内のiTunesのアプリフォルダを、Mac内のiTunesのアプリフォルダにコピーしてやりました。iPhoneiPadのアプリは、5台までの端末で共用できますので、問題ありません。iTunesにアプリが追加されなくてあせりましたが、iTunesの「ライブラリに追加」メニューで、コピーしたアプリを再読込してあげればOKです。今回、iTunesのAppleIDは同じにしましたが、違うIDだと再認証が必要かもですね。

iPad購入を機に、iPhoneの方の母艦も移すことも考えましたが、用途の違う端末を同じiTunesで管理するのは大変ややこしいことだと思います。現状は1端末1母艦がベストでしょう。ま、将来Appleクラウドサービスで、母艦機能も受け持つようになるのでしょうかね。そうなるとホントに「パソコン」いらずですね。おそらく「各層に最適な端末を」とするアップルの未来像なのでしょう。

ホントのライトユース層にはiPod(かiPod touch)、その上がiPhoneiPadで、複雑な処理が必要となる層にiMacMacbook、プロ仕様としてMacProというわけです。各層に何が必要か、何が不要かを体現しているラインナップです。Apple次の一手はどう来るのか、非常に楽しみですね。

とりあえず、次に控えしiPhoneの新機種発表を心待ちにしましょうか。今年のWWDCは6月7日から、基調講演は7日午前10時(日本時間の8日午前2時)ですね。