SUZUKI アルトワークス復活!

SUZUKI アルトワークス
from Car Watch

まさに、キタ━(・∀・)━!!!! ですわ。
東京モーターショーはノーチェックだったんで、ネットで見て超びっくりです。
伝説の元気に走る軽版ホットハッチ。SUZUKIアルトが去年フルモデルチェンジして、上位グレードに「ターボRS」が追加されて、ウワサが出ていた「ワークス」グレードが現在開催中の東京モーターショーで参考出品とか。参考なんていいながら、もう販売試作品でしょ?的な作り込みが写真からうかがえますな。具体的なスペック表とか、値段なんかが待ち遠しいですね〜、はい。

東モでアルトワークス参考出品

CarWatchの記事によると、ベースは今のターボRSに、ミッションは5速MTでショートストロークタイプ、エンジンをリファインしてトルクアップ、足回りも手を入れているとのこと。外回りはボディはシルバー、サイド下部の太ラインがブラックに、ホイールもターボRSとは違ったものを履かせているように見えますね。何よりシートが、ちゃんとしたレカロシートが奢ってあります。肩にあるベルト穴は伊達ではないんでしょうか。

[browser-shot url=”http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2015tokyo/20151028_727936.html” width=”240″ height=”160″]

【東京モーターショー2015】スズキ、隠し玉のターボエンジン&5速MT搭載「アルト ワークス」を展示 – Car Watch

ショーモデルでしかも「参考出品」と断り書きがついていますので、そのまんまとは行かないのでしょうけど、「ターボRSはMTがない」とお悩みの貴兄にはとりあえずの朗報ですね。

さて。以下は個人的なメモ。

うらは今、SUZUKIスイフトスポーツ(ZC31S)に乗っておりまして、10年で17万kmを超えました。車検は通しているのですが、そろそろ次をと考えているところでして。

動けばいい・安ければいいではヤダ

欲をいえば、ちっこい2ドアのクーペでMT・FRだと楽しいだろうなと思うわけですが、資金面でも環境面でもムリな相談です。大排気量は妥協。2or3ドアは妥協。この上MTも妥協させられるんでしょうか?
長くつきあう高い買い物。安易に中古には流れたくないものの、希望を押せば古い車が候補になっちゃうんですよね。

軽にしようかな

軽自動車だと、税金・保険ともろもろのランニングコストがお安いわけです。もちろん車両本体価格も安いわけですし。ただし軽はそれなりの性能で、安全面でもそれなりなのです。でもま、走行面ではバイクの方で楽しさを追求しようと思い始めているのでパス。安全面は、ともかくセーフティ走行を心がける、ってことでパスにしますかな。

SUZUKI アルトターボRS?

SUZUKI アルトターボRS
from Car Watch

んん?これはいいのではないかと思うモデル登場。ミッションにAGSというMTをベースにした機械がクラッチを動かす機構を搭載。ネットの評価も悪くないご様子。価格もお手頃。クラッチがないのが寂しいけど、アクセルペダルが直接エンジンを駆動する感覚はMTそのものらしい。
気になるのは、ちょっとやんちゃっぽいカラーリングと、アイドリングストップとかレーダーブレーキとかの余計な機能。AGSについても搭載され始めたばかりで、ネガが出きっていないと思われ、不具合とか耐久性が気になるところなのでした。

そんなところにワークス発表。これはいいかも知れません。

というか。うん、まあ12月になればなんらか追加の発表があるでしょう。待てるわけですし、楽しみにしていますかね。