PhoneGraferがちょっぴり便利になっていた件

ロモ風に加工された写真iPhoneアプリのPhoneGraferですが、ちょっぴり便利にバージョンアップしていました。

うちのiPhoneのドックには、標準の写真アプリと置き換わってPhoneGraferが鎮座してます。GeoTagを入れるオプションもあるので、カンペキ置き換えられるんですよね。本当はPhoneGrafer自身でも写真が撮れて、しかもアンティーク風とかロモ風にエフェクトがかけられます。最近のバージョンアップでは、前後左右の傾きが表示されるようになり、またiPhoneの写真アルバムにある写真にもエフェクトがかけられるようになりました。で、写真自体はDarkroomを使って手ぶれ補正をして、それをPhoneGraferでトイカメラ加工をすると。これで加工前の写真も残って便利なんです。

さっき同様に加工しようとすると、こちらのようにエフェクト操作画面にプレビューが出てくることに気がつきました。(最近いつバージョンアップしてたっけ? 😉 ) 私のiPhoneは3Gのままなので、やっぱり重い処理をさせると待たされるんですよね。こうして小さいけどプレビューが出てくれるおかげで、いつも使うRussian以外のフィルタをちょっと試す気になります。右上のギアアイコンを押して、フィルタの設定も変えられるので、こうした設定の試行錯誤もいたってラク。


ちなみにあと撮影画面で、ズームが付いたようです。うちの3Gでは4倍まで。そのうち手ぶれ補正機能もついたりして 😆